契約条件におおむね合意!(ABK1)

0

    ゆっくりとしたリアクションのため、遅々として話が進まなかった企画「ABK1」。

    昨夜、突如として返信が来た!!

     

    こちらが出した契約条件におむね合意!

     

    リリース形態はCDとLPで。

    CDにはボーナストラック追加。

    権利に関しては、某大物プロデューサー(故人)のご子息もかかわって来るそうだ。

     

    近いうちにオンデマンド・プロデューサーとなるA君と作戦会議ひらかなければ。

     

    ※画像はアルバムのヒント・その3


    ABK1アーティスト氏について推察されること

    0

      ひとこと。

       

      ものすごく、のんびりした性格なんだろう。

       

      こちらからのメールの返信も催促しないかぎり来ないし。

      最初のリリースから三十余年、まったく再発がなかった理由もなんとなく察する…。


      ABK1アーティストの身上書

      0

        現在交渉中のアーティスト氏(企画仮番号:ABK1)についてヒント画像をふたつ。

         

        1

        2

         

        どちらも超難問。

         

        とりあえず本人が自嘲的に自分を表したことばは

         

        「俺はサンプリング・カプリコーン最後の生き残り」

         

        …もう言葉が出ないほどシビれます…。


        もうひとつの新企画

        0

          夏の出来事。

          旧知の友人、ABK1くんと一緒にランチをしたとき、

          今後のリリースの予定などを話していた。

          すると彼の口から

           

          「そういえば○○の再発ってどうですかね〜?」

           

          と聞かれた。

          考えもしなかったアイテムだった。

          自宅に帰ってその言葉を反芻すると、じわじわと面白味を感じてくる。

           

          このアーティストに関して要約してみると…

           * ドイツ人でフルアルバムは1枚だけしかリリースされていない。

           * 80年代のリリース以来、いっさいの再発がない。

           * アルバム発表の数年後に12インチもリリース。

           * 人脈的には王道クラウトロックの人。

           

          方々に手を尽くしてこのアーティストの連絡先を入手。

          コンタクトに成功し、現在では再発の話がかなり進んでいる。

          今日もリリースの条件を相談したほど。

           

          この企画が実現したら、発案者であるABK1くんをプロデューサーに据えて「オンデマンド」としてリリースしようと考えている。

          アナログでも再発できたら…と画策中。



          calendar

          S M T W T F S
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << August 2020 >>

          twitter

          selected entries

          categories

          archives

          links

          profile

          書いた記事数:160 最後に更新した日:2018/07/10

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM