メビウス・プランク・シュテッフェン(Arno Steffen)

0

    すでにFacebookTwitter では公開しましたが、アーノさんから貴重な写真を提供していただきました。

    メビウス・プランク・シュテッフェン

     

     

    左⇒右:Arno Steffen, Dieter Moebius, Conny Plank

     

    コニー・プランクとクラスターのディーター・メビウスによるエレクトロ・ユニット「メビウス&プランク」の派生形です。
    彼らはこれまでにグルグルのマニ・ノイマイヤーや、レッド・クレイオラのメイヨ・トンプソンともコラボレーションし、それぞれ作品を残しています。

     

    1986年にメビウス&プランクは、アーノ・シュテッフェンをともなってメキシコ公演を行っており、このときの音源は後年になってコニー・プランクの4枚組コンピレーションCD『Who's That Man - A Tribute To Conny Plank』に収録されました。

    演奏されていたのは『ゼロ・セット』や『エン・ルート』からの楽曲だけでなく『シュラーガー』からの曲まで演奏され、フィナーレは「Somewhere」という構成です。

     

    さて肝心の製品の製作進行状況ですが、アーノさんからすべての印刷物データのOKをいただきました。
    ひたすら入稿作業に入ります。


    今回も最大のファクターはアナログ盤の納期。

    CDだけだったら2月発売でも問題なかったんだけどな…。
    どうにかならんもんかな、マジで。


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:158 最後に更新した日:2018/06/17

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM