ボーナストラック情報(アーノ・シュテッフェン)

0

    そういえば今回の『シュラーガー』のボーナストラックの元ネタについてまだ書いてなかった。

     

    シュテッフェン氏は1985年に4曲入りの12インチEPをリリースしましたが、これが今回の追加収録曲になります。

     

     

    4 Liebeslieder(四つのラヴソング)と題されたこの作品は、アルバム『シュラーガー』と同じくコニー・プランクとの共同プロデュースです。

     

    アルバム『シュラーガー』はサンプリング・ワークの極限に挑んだかのような、緻密で硬質なサウンドでしたが、この12インチはサンプリングだけでなく生楽器も加味された意欲作といえます。

     

    参加ミュージシャンもなかなか豪華で、ラオウル・ヴォルトン(ベルフェゴーレ)やマンフレート・ショーフ、さらにはコニー・プランク本人もトランペットを吹いていたり…。

     

    楽曲も1960年代の流行歌をイジりまくった魔改造カヴァーから始まり、ガビ・デルガドのソロにサンプリングを足したみたいなサウンドまであって、じつにヴァラエティに富んでいます。

     

    なお1曲目の「Gell, Du Hast Mich Gelle Gern」が7インチでカットされていますが、プロモ盤しか存在しません。
    このシングルについては、また後日。

     


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:160 最後に更新した日:2018/07/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM